ページの先頭
  1. HOME
  2. おやくだち情報

おやくだち情報

家選びのポイント

一生の買い物となる住まいの購入。
大切なものだから、あれやこれやと悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか?
満足できる家を見つけるにはポイントがあります。

チェック項目

1.予算

住まいの購入ではほとんどの方が住宅ローンをご利用になるかと思います。
そこで、自分の年収に見合った資金計画を立てるのが必要になります。

年収はいくら見込めるか

今は共働きでも、将来妻が育児退職するかもしれません。
将来を見越して算出しましょう。

住宅ローンの支払い金額は月いくらか

ボーナスを併用するか、しないか。
また、住宅を購入すると維持・管理費や各種保険料、固定資産税など様々な費用が発生します。
既存のローンも考慮に入れなければなりません
借り入れ金額は返済可能金額ぎりぎりまで設定しない方がいいでしょう。

2.条件
生活スタイルを明確にする

生活スタイルは、その人それぞれ違うものです。
特に家族ともなると、様々なスタイルがあります。
より快適な生活のためにも、できるだけ満足のいく住まいを見つけたいものです。
まずは、「勉強に集中できる場所がいい」「緑の多い環境でくつろぎたい」など、家族や自分の意見を多く取り上げてみましょう。

生活スタイルに沿って条件を決める

希望の生活スタイルが定まってきたら、次はその希望に沿った生活を作り上げるために、必要な条件を出していきましょう。
例えば、「にぎやかなホームパーティがしたい」という意見があるなら、リビングや普段過ごす部屋とは別に防音のきいた広い部屋が必要になるかもしれません。
条件の出し方にもポイントがあるので、下記を参考にしてみてください。

(i)広さ・間取り

広すぎても維持費・管理費がかかり、狭すぎても窮屈な生活になってしまいます。
まず、「家族構成はどうなっているか」「将来子供用の部屋を用意するのか」など確認をし、上記で考えた生活スタイルに合った間取り、面積を決めましょう。

(ii)立地

立地条件は大きく分けると、利便性重視の駅近か、閑静な環境重視の郊外かになります。
例えば、「鉄道を多く利用する学生、社会人の多い家族」は前者に、「自然が多く、静かで集中できる生活」を望むなら後者になるかもしれません。
主に前者は価格が高く、後者は低くなる傾向にありますが、仕事場から近いエリアなど、立地エリアによっても価格は変わります。

条件に優先順位をつける

希望の条件のうち3つのパターンに分けます。
 (i)譲れないもの
 (ii)将来増築などで、かなえられるもの
 (iii)あったらうれしいもの
優先順位の高い条件は物件選びで重要な項目となります。
残念ながら、すべての希望を兼ね備えた物件はまずありません。
特に(i)は少なくとも、ひとり一つ、家族人数分がよいでしょう。

物件探しをする

予算、希望の条件が決まったら早速物件探しをしましょう。
インターネットから簡単に検索できます。

物件選びに関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

売買Q&A

よくあるご質問をまとめました。

売却について

購入について

その他

売却について

どのように査定をするのですか?

個々の長所、短所、取引相場、路線価、公示価等、原価 償却、収益還元法等を考慮して、明確な算出をします。

査定をお願いすると、売らないといけないのですか?

そんなことはありません。あくまでも不動産のご売却はお客様ご自身のご判断になりますので、お気軽にご相談下さい。

家に訪問に来るのでしょうか?

はい。
現地は、スタッフの目で確認しなければ算出は不可能です。
建物がある場合は、日時をお打ち合わせの上、内見をさせていただく必要があります。

少しでも高く売却したいのですが・・・。

不動産関連のあらゆる販売チャネルを駆使し、たくさんのお客様の目に触れることが大切です。
当社ならではの顧客ストックとネットワーク、営業力でより良い購入希望者を探すお手伝いをさせて頂きます。

売却する際に、絶対に必要な書類はありますか?

必要書類は、ご本人の場合、以下のものが必要です。
身分証明証、住民票、印鑑証明書、登記済権利証、実印

売却した代金は、いつもらえるのでしょうか?

ケースバイケースですが、ご売却代金は、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われることが一般的です。その内訳は契約時に5〜10%程度、引渡し時に残りが支払われるケースが多く見られます。

遠方に住んでいて、売却物件と離れています。売買に面倒なことはありますか?

いいえ。
日本国内であれば、お取引が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

購入について

売主から直接売却依頼されている不動産会社からではないとその物件は購入できないの?

原則的には、信頼できる不動産会社1社に不動産の購入依頼をすれば、市場に出ている全ての仲介物件を購入できることになります。

頭金は価格の何%位用意したら良いですか?

一般的に不動産価格の10〜20%位必要になりますが、申込者の条件等により不動産価格の100%プラスアルファのローンが利用できる場合がありますので、頭金が0%でも不動産の購入は可能です。詳しくは担当者にご相談下さい。

その他

間取のSLDKのSは何の意味ですか?

Sはサービスルームのことを言います。 建基法の採光基準等を満たしていない居室以外の部屋です。(納戸)

南向きが一番住みやすいのですか?

南向きは最も日照時間が長く人気が高いです。
その分、価格も高めになるだけに、朝はゆっくり寝ていたい人なら午後から日が入る西向き、早起きで昼間は留守がちなら東向きという選択も。

用途地域って何?

建てられる建物の種類や高さを行政が決めた区分で、今後の開発も含めた周辺環境を知る目安になります。
まれですが用途地域が変更されることもあります。